普通の主婦からブログアフィリエイターの道へ #1

マサイと申します。

ご覧いただきありがとうございます。

私は、現在あるメンターの方の指導の下、ブログアフィリエイト実践中です。

来年主人が退職するため一気に家計が苦しくなるので、現在パートをしながら収入を得るためのお仕事としてブログを真面目に書いています。

そうは言っても6か月前まではブログどころかパソコン仕事すらやったことのなかったド素人の私。

やることなすこと初めてのことばかりで大変でしたが、それでもこうやって記事を書けるぐらいにはなりました(う~ん、凄いじゃん。私)

そこで今回は、私と同じ主婦の方を中心に

・ブログ始めようと思っている
・すでに始めてるけど途中で止まっている
・そもそも自分にできるか不安・・・

そんな皆さんに向けて「ド素人でもやればできる」ということを伝えたくて記事にしました。

あと、記事を読み進めていく内に

とても大事な「ブログを初めて実践するための考え方とその姿勢」

これがおわかりになると思うので、見て損はさせません。

「私がなぜブログアフィリエイトをお仕事で選んだのか?」も、今回の話に深く関わってきますので物語(ストーリー)形式で話をしていきます。

だからどうぞコーヒーでも飲みながらリラックスして、ご覧いただければと思います。

 <主人の給与が5割減、家計崩壊の危機>

きっかけは、主人の定年が近づき、収入が大きく減る現実を知り、大学院1年生の息子のためにも少しでも私が働き、収入を増やさなければいけないと考えたからです。

20代後半で結婚した私は、結婚後3年目で長女を授かり、その後二人目を望みながら、なかなか授かりませんでした。

アラフォーになり、もうダメかなと思っていたころ、突然長男を授かったのです。アラサーのころと違い、育児は体力的な面でかなりきつかったことを想い出します。

これ読んで笑っているアラサーの皆さん、10年後には確実に体力が衰えるので、今からヨガやピラティスやってくださいねー。

そんな長男もすくすくと成長し、今では、大学院1年生。まだまだお金が必要です。

コロナの影響で、本人もバイトとかできなくて、その分を含めて貯金を切り崩して補うしかなく、我が家の家計は大変でした。他県の大学に進学したため、大学4年間で約1.000万円の出費です。

私たち夫婦の老後の資金は減るばかり。家のローンも、まだあと10年以上残っているし、「家のローン、退職金で払うとあまり残らないなぁ。」と主人は言っています。

本音を言うと、長男には、大学を卒業したら就職して欲しかったのですが、本人が「もう少し勉強させて欲しい。」と頭を下げてきたので、主人と相談して、奨学金を利用することを条件に進学を許しました。

この段階で、
・息子の2年間の大学院進学で更に約500万円が必要
・主人は、来年3月には定年を迎え、給与が6~5割にダウン
もうパニックです。

老後の資金どころか、日々の生活も危機に瀕する状況になりそうです。

<専業主婦の挑戦と家計の再建計画>

そこで、先々のことを考え、家のローンを主人の退職金で完済するのを半分にして、残りを生活費に足しながら、家のローン分を私が稼ぐという選択がベターな気がして、再就職、もしくはパートタイマー等の職探しを始めました。

30年近く専業主婦として過ごしてきた私の前に立ちはだかったのが、「年齢」と「資格」の壁。事務職の募集のほとんどが40歳までなのです。

小さい乳幼児の面倒をみるのも嫌いではないけれども、「要保育士資格」の条件があり、これもアウト。虐待なんか絶対しないけど、保育士さんの「補助」じゃ、ダメなの?なんて思ってしまう。

パートでも時給の高い仕事は、「55歳の壁」と共に「経験値」が必須条件となり、これもアウト。

残るは、スーパーなどのレジ担当や品出し、病院や老人ホームなどの施設内の清掃等の誰でもできるけど結構な重労働ばかり。しかも、時給安い(800円~850円)。

時給850円で、1日5時間、月20日働くと、年間で102万円となり、「103万円の壁」のギリ手前でオッケー。被扶養者としての条件はクリア。

でも、1日5時間働けるかな?土日のどちらかは、出勤が条件だし、週5日働ける?残った時間で、家事はちゃんとできるのかな?

職場までの移動時間も含めて、仕事や場所を選ばないと、ロスタイムが意外と多く、家事の時間に影響を与えることもわかってきました。

主人に相談してみると、「最初から詰め込み過ぎると、パンクするよ。慣れないことは、少しずつ、スロースタートが大事。」

「単純だと思っている仕事でも、他人との関りがあるので、ストレスで病んで、お仕舞いにならないように気をつけないといけない。」と、アドバイスがあり、少し冷静に考えてみることにしました。

<効率性を求められる現実と新規開店スタッフへの第一歩>

他人との関りに伴う精神的ストレスに加え、慣れない作業による肉体的な疲労がどの程度になるのか、わからない。

そこで、品出しの経験のある友人に聞くと、「最初は、筋肉痛や腰痛もあって大変よ。少しすると慣れてくるけどねぇ。バンテリンは必需品よ。」などと笑いながら脅かされる始末。

「食品の賞味期限管理と値引きシール作業は時間がかかって、体力がいるわ。賞味期限の近いものから前に出して、値引きシールを貼るんだけど、これが一つずつだと効率が悪いわけ。1つバーコードをスキャンして個数を入力すれば、シールを一度に印刷できて時短になるのよ。この機械の数が少ないから、テキパキと片付けて、他の人に早く回すことが大事なわけ。」

などの友人からの貴重なアドバイスも参考にして、1日3時間、週3~4日の条件で、パートの仕事を探しました。

片っ端から電話やメールで応募するも、「もう決まりました。」とか、「もう少し若い人が欲しいんだよね。」とか、とにかくアタリが無い状態がしばらく続きました。

そんなある日、ドラッグストア系の「新規店開店のオープニング・スタッフ募集」のチラシが目につき、1日3時間、週3~4日(うち1日は土日のどちらか1日を含む。)の条件で応募。ダメ元で面接受けると、なんと仮採用されてしまった。

喜んで主人に報告すると、「1次採用は多めに取って、お試し期間の研修で篩(ふるい)に掛けるんだよ。」と厳しい現実を教えてくれました。

本採用までの2ヶ月間、朝の品出し担当としての研修が始まりました。

今回はここまでとなります。

アフィリエイトの話が出てこないので「??」と思った方もいると思いますが、記事を見ていただいた通り、実はブログアフィリエイトに行きつくまで、かなりの紆余曲折・回り道をしています。

この手のブログにあるような「お金に困ってたからアフィリエイトしたら成功しました~!」みたいな単純なサクセスストーリーは歩んでないんですね。

ただ、その回り道のおかげでメンターの方との「出会い」があり、ブログを始め、記事を書いて収益化へ向けてバリバリ走っている私が誕生しました。

その辺りも含めて、次回の記事で全てさらけ出します。

「結果の出るブログアフィリエイト」、その出会い方や始め方のヒントを公開しますので、楽しみにしておいてくださいね。

マサイでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました